アイシングループ
アイシン・インフォテックス株式会社

アイシングループのIT機能専門会社
アイシン・インフォテックス株式会社

education

教育制度

スキル標準に基づいた人材育成

IT業界における人材育成の成果は、個々のスキル向上に表れます。社員が実際にどのようなスキルがどれだけ向上したかを定量的に測り、さらなる技術向上を促す必要があります。アイシン・インフォテックスでは、スキル標準を導入し、共通の指標でスキルレベルの可視化、レベルに沿ったキャリアパスの明確化をし、人材育成に活用しています。スキル標準の導入により、グループ各社からのスキルニーズや当社事業戦略を踏まえ、事業達成のためにプライオリティーの高いITスキルを効率的に高める体制づくりに取り組んでいます。

集合教育

新人研修の様子。毎年多くの新卒者を迎えています。

AIXの目指す人材像

グループ最適の視点で各社に対し、新しい技術を含め適切なソリューションを提供できる、ITスキル・業務知識・ヒューマンスキルを兼ね備え、自ら育つITスペシャリスト集団を目指す

AIXの目指す人材像の図

各分野において高度な専門知識を持つスペシャリストが存在し、あらゆるITニーズに対してチームとして顧客の期待に応えていく

キャリアパス

当社では、キャリアパスの標準モデルを策定し、それに基づいた社員のキャリア形成を推進しています。全社員が自身のキャリアパスを策定し、顧客のIT推進部門やユーザ部門への出向等の人材交流、社内ローテーション制度の活用を通じて、ITスキルはもちろんのこと、顧客業務分野に精通する人材としてキャリアアップできる環境の整備に取り組んでいます。

AIXのキャリアパス

入社後10年で全員が上級SEのスキル・経験を持つことを目指す。そのためにそれまでの過程でプロジェクトメンバーとして必要な教育を受け、十分な経験を積ませる。その後は上級SEの普遍的な能力をベースに、各専門分野でリーダーあるいは高度専門技術者として活躍できるよう、育成を図る。

キャリアパスの図

階層別教育体系

プロジェクトにおいて上流工程から下流工程までの一連の工程に携わることができるのが当社の魅力です。もちろん、階層に応じて担当する工程は異なってきます。プロジェクトを円滑に推進するため、各階層に応じて、自身の役割を理解し、それに基づいた行動ができる社員になって欲しいと考えます。そのために「ヒューマンスキル」「ITスキル」「業務スキル」の3つの軸を育成方針に掲げ、階層や役割に応じた体系的な研修制度の整備、研修内容の充実に取り組んでいます。

キャリア構築

様々な研修を通じて、キャリアを構築していきます。

キャリアパスの図

advantage

教育制度の特徴

アイシングループのフィールドのなかで
業務に関する幅広い知識・スキルを吸収できる。

当社では、お客様と非常に近い距離で仕事ができます。だからこそ、常にお客様視点に立って仕事をしなければなりません。それが当社の仕事のあり方です。そのため、お客様の業務について広く深く知る必要が出てきます。アイシングループのさまざまなフィールドの中で、業務とITのスキルをバランスよく身に付けることができる。それが他社との違いであり、当社で働く最大の魅力です。

新人研修

仲間とともに、高め合っていける社風です。